メタバリアSの飲み方と効果的な飲むタイミングは?

メタバリアSの飲み方と効果的な飲むタイミングは?

メタバリアSの飲み方と効果的な飲むタイミング

メタバリアSは、1日あたり8粒を目安に毎食前2~4粒を3回に分けて飲みます。

食事の内容や量に合わせて、毎食2~4粒を水またはぬるま湯で飲むサプリメントです。

食事を摂らないときは飲まなくても良いとのことです。

また、メタバリアSは機能性表示食品で薬ではありませんので、飲むタイミングに決まりはありません。

しかし、メタバリアSの効果をより得られる飲むタイミングは食事の10~15分前になります。

メタバリアSの配合成分であるサラシア由来サラシノールの機能は、「糖の吸収を抑える」効果があります。

その「糖の吸収を抑える」働きを得るためには、ある程度この成分を腸内に行き渡せる必要があります。

なので、食事の前15分くらいを目安に飲むとより効果を得やすいと考えらえます。

メタバリアSの飲み方の注意点

・1日の摂取目安量を一度に飲まない

メタバリアSは1日の摂取目安量は8粒になっていますが、一度の食事で8粒飲むのではなく食事のボリュームや内容に合わせて、2~4粒を1日3回に分けて飲むことが推奨されています。

・食後に飲んでも効果がない

メタバリアSの効果を得るためには、食後に飲んでも効果は期待できません。

「糖の吸収を抑える」「腸内環境を整える」のがメタバリアSの特徴なので、食前もしくは食事中に飲むようにしましょう。

万が一飲み忘れてしまった場合は、次の食事から飲むようにしましょう。

・メタバリアSだけに頼らない

メタバリアSを飲むことで糖の吸収を抑える働きをしてくれますが、メタバリアSを飲んでいるからといって食べ過ぎてしまっては効果は期待できません。

メタバリアSを飲めば好きなだけ食べても良いというわけではありませんので、食生活や軽い運動などにも意識をすることが大切です。

・糖尿病薬を服用中の方または通院中の方、血糖値下降薬などの医薬品を服用中の方は医師にご相談ください

・未成年の方、妊産婦(妊娠を計画している方を含む)、授乳婦を対象に開発されていないため摂取はおすすめされていません。

・ほかのサプリメントと一緒に飲む場合は念のため含まれている成分を確認して、もし成分が重複している場合は過剰摂取になることもあるので飲む量を調整してください。